多くの製品形成に役立つフッ素コーティングの離型剤について

マザーボード

あらゆる形やサイズのプラスチック製品の成形に対応できる離型剤

プラスチック素材の子供用玩具は沢山あります。そうした品々を見ていると、実に様々なサイズと形のものがあることが分かります。中には、とても複雑な形のものや、単純な形だけど小さなサイズのプラスチックの部品を数多く組み合わせて接着して作っているものもあります。製品の意図した用途やビジュアルに合うようにプラスチック素材を変形するためには、金型と離型剤という2つの道具が主たる役割を担っています。
金型は、それ単体では、プラスチック素材に一定の形を付与する機能しか持っていません。この内壁に離型剤という薬剤を塗布し、すべりをよくすることで、ようやくプラスチック製品の成形作業にとりかかる準備が整ったことになります。素材を金型に流し込むと、中で固まって、金型通りの形状になります。それを型から出す際、離型剤の働きによって、製品がするりと型から外れてくれるのです。特に、フッ素コーティング剤を使った離型剤だと、この作業はスムーズです。
正確な金型を作ることさえできれば、小さなもの、複雑なものでも、プラスチック素材にその形を与えるところまでは実現できます。しかし、それだけでは、市場に出せる製品は完成しません。与えられた形状を維持したままで、型から外に出してもらって、初めて製品は消費者の手に渡せるようになります。離型剤は、そうした大切な仕事をしているのです。

フッ素コーティングの離型剤が選ばれるポイント

金型を使った成形時に、離型剤が使われています。中でも、フッ素コーティングの離型剤が選ばれているのは、メリットになるポイントがたくさんあるからです。離型剤は、金型へ成形材料の固着を防止する目的があ…

VIEW DETAIL

離型剤とフッ素コーティングの繋がりについて

毎日の生活の中には、いろいろな言葉が溢れており、よく耳にする言葉や、聞きなれない言葉もあります。その中で離型剤というものがありますが、これは製品を作るときに原材料を型に流し込み固めて取り…

VIEW DETAIL

あらゆる形やサイズのプラスチック製品の成形に対応できる離型剤

プラスチック素材の子供用玩具は沢山あります。そうした品々を見ていると、実に様々なサイズと形のものがあることが分かります。中には、とても複雑な形のものや、単純な形だけど小さなサイズのプラスチックの…

VIEW DETAIL

細長いゴムチューブでも綺麗に形作れる離型剤

非粘着性という、一般の人には聞きなれない用語があります。これは物体が、表面にものを粘着させない珍しい性質のことです。通常、どのようなものでも、多かれ少なかれ表面に物質をくっつける性質を持っていま…

VIEW DETAIL